WebRTC Singnaling Server Ayame as a Service を使ってみる

React サンプル編

Ayame の React で書かれたサンプルを利用します。その前に macOS であれば yarn をインストールしておきましょう。

$ brew install yarn

次にサンプルを git clone して、yarn install します

$ git clone git@github.com:OpenAyame/ayame-react-sample.git
$ cd ayame-react-sample
$ yarn install

あとは yarn serve でローカルの HTTP サーバを起動します。

$ yarn serve

そうしたら、 http://localhost:8080/ にアクセスします。

以下のような画面が出てくるはずです。

Image for post
Image for post

シグナリングサーバの URL を wss://ayame.shiguredo.jp/ws に書き換えます。そうしたら接続を押します。

Image for post
Image for post

そうしたら、もう一つブラウザを起動してシグナリングサーバの URL を書き換えて、先程接続した部屋の ID をコピペして、接続を押してください。

無事つながるはずです。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store