WebRTC スタックの対応状況

ブラウザの WebRTC API の互換性の話や対応状況ですら資料がほとんどない現状ですが、WebRTC スタックの対応状況を Google Sheets にまとめました。社内向けに作っていたんですが、少しでもこの複雑な状況を知っていただきたいと思い公開することにしました。

一応資料へのリンクも付けてあるので WebRTC スタックが勉強したいという人がいたら、参考にはなると思います。ただここに載せてるのは応用編なので注意してください。

このリストは「すべてのブラウザが対応しているもの」を省いています。つまりデファクトになったものは含めています。また Edge の対応はあまりにもひどいので外しています。

見てもらえればわかりますが、思っている以上に Chrome 以外の対応状況がかなり苦しい感じです。Safari TP が追い上げては来ていますが、Firefox はすでに息切れ状況です。

WebRTC API はかなり落ち着きありますが、内部実装はまだまだ課題がお多いのが現状です。libwebrtc がガンガン開発進んでいてそれに追従するのがブラウザ側でもしんどいというのがあるんだと思いますが。

せっかくなので宣伝がてら自社製品の対応状況も追加しておきました。初のほぼ公式な比較表です。もし他社の製品と比較される方はこちらの比較表を埋めてもらうといいかもしれません。

今後も更新していく予定です。

Written by

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store