WebRTC を学び続けるのは難しい

自分が WebRTC の資料を色々書いてるのは WebRTC を学び続けるのはとても難しいと感じているためだ。

理由はシンプルで WebRTC は趣味で学び続けられる技術ではないからだ。そもそも変化も早い上に技術的な難易度は高い。

そのため WebRTC 自体を仕事にしない限り学び続けるのは難しい。もちろん学べないわけではないがかなりのモチベーションが求められると思う。

そのため WebRTC を一般的なものにするために必要なのは WebRTC のファンを作ることではなく、困った時に相談できたり、最新にアップデートされているまとまった資料があることだと考えている。

まとまった資料は色々できるだけ書くようにしていたが、困った時の相談は Twitter で質問が来れば程度にしていた。ただまぁ、基本的に公に質問してくる人はいない。

ということで、 Discord にサーバを立ち上げて気軽に WebRTC の疑問を解決できるような環境を作ってみることにしたわけだ。

実際世界を見回しても WebRTC 継続的にやっている人は VoIP を 20 年やっていたり、ずっとこのユニファイドコミュニケーションの世界にいる人達ばかりだ。

つまり WebRTC は「ある機能を実現するために必要な技術」でしかなく、継続的に必要とされる技術ではないのだ。そのため WebRTC を学び続けるのはとても難しい。

そのため、WebRTC という技術が必要になった時にやりたいことまでの距離を短くできるような知識を簡単に得られるようにしておくのはとても大事だとおもう。

WebRTC は本来もっと気軽に使えるべきなのだ。ただまぁそもそもユニファイドコミュニケーション自体が技術的難易度が高いため、色々難しいというのはあるが … 。

ということで、WebRTC は継続的に学ぶのが難しいと考えているので、 WebRTC の最新の情報を気軽に知ることができる環境を作ってみることにした。

Written by

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store