QUIC (draft-17) サーバが動いた

Wireshark が draft-17 に対応したので、やっと書けます。

draft-17 ではパケットナンバーが暗号処理ではなくマスク処理に変わりました。マスクデータの生成が AES-ECB になったりしました。

さらにフレーム番号からタイプ番号も全部書き直したりしました。だるかったです。

Image for post
Image for post
Wireshark で復号した QUIC の表示

再送制御周りでまずは CRYPTO フレームの再送制御に着手しています。まだデコード周りしかできていないので、今後はエンコード周りで進めていきます。

今後

draft-18 対応が一通り終わったら、再送制御を徹底的にやっていく予定です。パケロス 50% 、ジッター 500 ミリ秒といった環境でも無事に処理できるよう実装していきます。

最初は 0-RTT を検討していましたが、再送制御が最難関なのでまずは再送制御とじっくり向き合っていこうと思います。

Written by

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store