pyspa というコミュニティがある。IT 系技術者がゆるくつながってるコミュニティだ。

Python 温泉

このコミュニティはもともと Python 温泉という「Python が好きな技術者達が適当に集まって、温泉宿を貸し切って 2 泊 3 日で好きなことをやる」というイベントから始まっている。

Python 温泉 .. という名がついているのは、自分が当時は Python をメインにしていたから。Python 温泉は約 7 年ほど年 1–2 回開催されて、くるもの拒まず、去る者追わずの方針で運営してた。

ちなみに Python Spa だから pyspa 、正式名称は小文字で pyspa 。

残念ながら Python 温泉は自分が起業したあたりから余裕がなくなったので、開催はしていない。そしてもう開催する詐欺はやめようと思う。Python 温泉はもう自分は開催しない。

誰かが引き継いでくれるならそれでよいし、引き継がれなければそこで終了で良い。

ちなみに Python 温泉の開催場所は場所は熱海の芳泉閣という旅館が 20 名以上で貸し切れて、温泉と会議室が 24 時間使えるので最近はずっとここでやっていた。

pyspa 運営方法

pyspa というコミュニティを運営するにあたってイベントを開催する場合「誰の意見も聞かず自分がすべて決める」という方法をとってきた。

この運営方針はとても楽だし、慣れてくると「その日は無理でした」で終わる。コミュニティでのいざこざは起きにくい。

また、自分自身は年 1–2 回のイベントだけ主催して、あとは距離を置いている。たまにイベントを主催する人くらいの立ち位置。

これくらいが一番良いのでお勧め。

pyspa 忘年会

今日は pyspa 忘年会だった。初参加の人、常連まで色々な人が参加してくれた。50 名を越える参加者が毎年いるのはありがたい限りだ。

もともとは自分が色々な忘年会に顔をだすのがめんどくさくて、まとめて会えると忘年会が1回ですむというところから始めたが、今では「今年どうだった?」なんて、年に 1 回、会える場になってるようだ。

pyspa 忘年会は毎年 12 月の第 2 週、木曜日 20:00–22:00 、品川駅の北海道というルールで 2008 年から運営してきた。今年で 9 回目。来年で 10 回目なので切りが良いし定期開催は pyspa 忘年会 2018 で最後にするつもりだ。

最後に

pyspa というコミュニュティはルールが明確にあるわけでもないし、何かを成し遂げたり、特定の技術がどうこうあるわけではない。なんとなく pyspa という繋がりを続ける事で出来上がっているコミュニティだと思う。

ここまで、長く pyspa に関わってきてくれた人に感謝し、自分の pyspa でのイベントの定期開催は 2018 年の忘年会で最後にするつもりだ。

今日まで色々な pyspa なイベントを手伝ったり、参加したりしてくれた方々に感謝を。皆さんの支えがあったから、こんなに長く続けられた。

今後もいち pyspa コミュニティメンバーとして、皆とゆるく繋がっていられれば。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store