ImageFlux Live Streaming で WebRTC to WebRTC ができる様になった

先日 Unity と WebRTC の情報交換ということで pixiv に言ってきました。その際、 ImageFlux Live Streaming の話を色々聞いてきたので、せっかくなので紹介します。詳細については ImageFlux Live Streaming に問い合わせてください。

ImageFlux Live Streaming

すごくざっくりと紹介すると WebRTC で配信した音声と映像を ImageFlux Live Streaming 側で HLS に変換して配信してくれるという変換サービスです。

このサービスを利用することでブラウザから大規模な配信を簡単に行うことが可能です。

この WebRTC の部分には時雨堂の WebRTC SFU Sora が利用されています。そのため imageFlux Live Streaming は Sora の SDK を使って大規模配信を実現できる仕組みです。

WebRTC to HLS

ImageFlux Live Streaming のいいところは変換部分と配信部分をサービスとしてやってくれるので、手間がかからないところです。

WebRTC to WebRTC

これはつまり、マネージド WebRTC SFU Sora です。ImageFlux Live Streaming 側で持っている Sora を切り売りしてくれるタイプですね。自分で Sora を用意する必要がありません。

今までは WebRTC to HLS でしたが WebRTC to WebRTC が ImageFlux Live Streaming で実現できて本当に最高になりました。

ここから先は単に時雨堂が pixiv さんにこんなのできませんか?ってお願いした話であって、実現はしていません。

専有 WebRTC SFU Sora プラン

これは ImageFlux Live Streaming で Sora を購入する事で、運用もサポートもすべて任せられないか?という提案です。

運用が不要な自社専用の Sora をお金さえ払えば用意することができます。

このサービスが実現すれば、パッケージ製品だからと Sora を避けていた企業も検討しやすくなると思います。

Sora を使いたいけど運用はちょっと … ってなってる人は、まずは ImageFlux Live Streaming へ相談してみてください。

Written by

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store