零細企業経営にはほとんどの意見が参考にならなかった話

IT 系パッケージメーカーの零細企業経営者場合

いつか書こうと思っていたので雑に書いていく。

要約

ただし、IT 系の企業経営者で信頼できるなら人が身近にいるのであれば、意見交換はしたほうがいい。最近全く会えてないが、ヴェルクの田向さんSigfoss の森さんから頂いた意見はとても役に立った。

社外の人間の意見は参考にはならない

思い立ってすぐに起業したので、ほとんど知識がなかった。いろいろな人の意見を聞いてみたが、実際に経営してみると全く参考にならなかった。

助成金の話ばかりする人

ちなみに助成金に関しては社員時代に一度助成金を使った事業のお手伝いをして本当に最悪な経験をしたので二度と関わるまいと決めていたので、助成金関連の事業には可能な限り関わらないようにしている。

ちなみに今の税理士は「高いサーバ買えば助成金が出る場合もあります」以外のことは一切言ってこない。よくわかっている。

カスタマイズしない自社製品なんて儲からないからやめろと言ってくる人

人は成功体験にしがみつくということを学んだ。

海外に目を向けろと言ってくる人

海外とビジネスするというのは自分には全く想像できないし、リスクしかないように思える。

正直、日本語ですらうまくやりとりができない日本の企業がいるのに海外とか無理だなと思っている。

資金調達しろといってくる人

そもそも人とうまくやれないという、社会人不適合者ということで起業してるのに、調達して色々意見言われる時点で無理。

調達している人の意見は正直環境が違いすぎて何の参考にもならない。普通に世界線が違うので関わらないほうがいい。

銀行から借りろといってくる人

「銀行は困った時に助けてくれる」と言われたが、むしろ困った時に厳しい話しか今まで聞いていないのなにを言ってるのかわからなかった。

あと別に IT 系は投資がほぼいらないのでそもそも借り入れ自体が不要。

営業を雇えと言ってくる人

ウェブサイト / Twitter / Discord / Gist で宣伝して売るという考えは受け入れられなかった。

人を増やせと言ってくる人

時雨堂は「ほっといてもなんかする人」だけを雇っているため管理コストがほぼ0なのだが、マネージャーを雇えと言われた。

実際、起業して見ると「売上を上げる=人を雇う」という考えの人がとても多いことに驚いた。皆、ほっといて売れるような製品をつくりたくはないらしい。

社会に還元しろと言ってくる人

結局何がしたかったのかわからなかった。いい反面教師になった。

社員をもっと働かせろと言ってくる人

たくさんの時間働いて成果をたくさん出せるのはそれは才能なので、誰もが真似できるものでもないと思っている。

経営者がコード書くなと言ってくる人

うまくいくとなにも言われなくなる

社員の意見はとても重要

まとめ

自分の考えを信じたほうがいい。もちろん、この記事の意見も参考にするべきではない。

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE