起業した時は野望はなかった。そもそも生きていければいいや程度だった。

その後、自社ビルがあったら楽しそうなんて話を顧問税理士や社員達として、自社ビルが当面の野望になった。

最近は今のような 1 日 6 時間という働き方で、社員に 4 桁万円の給与を提供したいというのが野望に加わった。

この野望を実現するためにどうしたらいいかをよく考えるようになった。

もともと自社でパッケージ製品を開発して販売した利益で会社を経営していくというのが目標だったが、思っているより短い労働時間で売上を上げるための仕組みが回っている気がする。

  • 自社パッケージでカスタマイズしない方針のためすぐ納品可能
  • 落ちにくさを優先して開発しているため障害報告がいまのところゼロ
  • サービスではなくパッケージなので営業日対応のみ許される
  • 毎年利用料を頂くライセンス方式のため、良い製品であれば継続して利用料が毎年入ってくる
  • ドキュメントを充実させたり、機能を少なくしているため、サポートの問い合わせが少ない
  • 営業はおらず問い合わせを待つだけなので、遅くまで営業対応などがない

小さいチームで最小限のコストでそこそこの売上を、という考えで作った戦略だったが、もしかしてこれはいけるのではないかと、調子に乗ってきている。

今後もより良くして、野望を実現したいところ。

Written by

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store