自分が欲しいサポートサイトの仕様書を書き始めた

自社製品がパッケージ型の製品のため、いろいろなサポートを提供するためのサイトが欲しい。今はすべてメールで対応している。

もともとはやり取りをシンプルにするためのチケット方式のサポートシステムが欲しかった。

ただ、自分の色々要求仕様を書き出したりしていると、顧客管理やライセンス発行、アップデート版の提供といった、チケットシステムだけでは実現できない機能がたくさんある。

実際、今はメールと Google docs とちょっとした Python スクリプトで実現しているのをできるだけサポートサイトとして提供していきたい。

悩んだ結果まずは、自分が欲しい機能の仕様書を書くことにした。

仕様書を書くといっても机上の空論ではなく、プロトタイプを動かしながら仕様書が書きたい、ということでせっかくだから GAE/Go でも勉強するかということで一週間程度進めてみたが、楽しいのだが進捗が著しくない。

これはいかんということで、Django/Python でモデル設計しながらテストを書いて想定する API などを書き進めることにした。特に楽しくないが進捗はある。

Written by

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store