独学でプログラミングを学んできて読んで良かった本

IT 系零細企業経営者の場合

プログラミングの本はほとんど読んできていない。プロトコル解説やプロジェクトマネージメントの本ばかり読んでる。特にプロジェクトマネージメントは他の人がどう考えているのかを手っ取り早くしれて良い。

Python 2 系な上に、とても古いので初心者にはオススメはできない。この本は目次を見てもらえればわかるが一通りのことが一冊で学べたので他の本をほとんど読まなくて良かった。とにかく何でも書いてある。特にモジュールと例外の章はオススメ。

最初は原著を読んでいたが、途中で日本語版に切り替えた。とにかく翻訳が素晴らしい。読みやすいしわかりやすい。ボロボロになるまでひたすら読んだ。この本を完全に理解すれば Erlang/OTP でご飯が食べられるようになる。

多くのツール、手法そして概念がその解決策として取り上げられているが、それだけでは解決しない。プロジェクトを形成するのは人であり、プロジェクトマネジメントに人が占める要因は決して小さくないからだ。本書は、その「人」についてフォーカスを当ててプロジェクトマネジメントを語っている

今、自社で製品を提供していく上で何よりも役に立っている本。一人では何もできないことを学べる。

自分はデマルコ信者なのでデマルコ関連は全部読むことをオススメしておきたい。

現代のアプリケーションエンジニアは、UIやデータ処理、開発言語、プラットフォームの仕様や癖だけでなく、サーバやネットワークについても、上から下まで、表から裏まで広く知ることを求められます。本書は「ブラウザ」に関連し、インターネットで使用されるさまざまなネットワーク技術をまとめたものです

レビューワーの方から頂いて読んだのだが、本当に良い本で衝撃を受けた。定期的にオススメしている。オライリーの方に「本当に良い本ですよね!!!!!」って熱く語ったら「そんなに売れてないんですよ … 」って悲しい反応をされたことがあるので、ぜひ読んでみて欲しい。損はさせない。

情熱プログラマーと名前を変える前の本。これを読んで衝撃を受けたことを覚えてる。オフショアという言葉もこれで覚えた。どんなキャリアを積めばいいのかを考えさせられた一冊。プレイイングマネージャーというキャリアを進む事を強く後押ししてくれた。

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE