時雨堂 WebRTC SFU の今後の展開

遅くとも 11 月末までには先行版としてある程度まで実装したパッケージを格安で販売する予定。主に SFU を検証したい人向け。

年内(つまり 12 月末) までには正式版を販売予定。先行版から正式版へのアップグレードは無償という感じで行く。

とにかく小さくシンプルに作ったので、すぐに使い始められるのがポイント。デフォルトの設定ファイルを 2~3 行書き換えて、bin/sora start で動作する。

価格はできるだけいろいろな人に使ってもらえるように抑えめにしていくつもり。

正式版をリリースした後は STUN/TURN サーバを組み込んでいく。SFU だけでは NAT 越えができないので、TURN/TCP も必要になる。

時雨堂 WebRTC SFU は SFU(+TURN) がデフォルトとして販売していく。

WebRTC はたくさんの技術の集合体だが、簡単に使えるところまで落とせば、とても便利な道具になるはずだ。

時雨堂は WebRTC SFU を「簡単に使える」ようにする仕組みを提供していく。

Written by

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store