技術的な作りたいモノ脳内ダンプ

2018-02

とりあえず何をやっていくかあたりを、なんとなく書き出して整理してみる。とにかく周りに引っ張られないようにしようと思っている。誰かがやっていたからというのは気にせず自分が興味あるものだけをやることにする。

リアルタイムな音声や映像の配信サーバ

WebRTC SFU Sora を引き続きやっていく。まだまだやることはやまほどある。遅延を少なく音声や映像を配信するという技術から学ぶものは本当に沢山ある。

ノウハウの塊の世界だという事を実感しているので、焦らずにやっていく。

シナリオベースの負荷試験サーバ

今現在開発中の製品。やっと手を出せるようになった。Lua でシナリオがかけるようにして大規模な仮想ユーザを実現できる仕組みを作る。

型にはまった製品ではないのでいくらでもやりようがあるので、無理に機能を広げたりはしないで小さく作って顧客ありきで進めたい。

音声や動画のリアルタイムな変換

完全に新しい技術なので、焦らずにやっていく。去年は GPU を学んでいたがコストパフォーマンスが明らかに悪いことがわかった。

https://ngcodec.com/ の存在をしって FPGA に興味が出た。AWS でも FPGA が使えたり、インテルが有名所を買収したりと色々世界は動いているっぽい。

ただ知識はまったくないので、1からやるしかない。基礎の基礎が抜けているのはしょうがない。今までやってこなかった自分が悪い。

ネットワーク関連でも FPGA の知識は生きるとみているので、学んでいく。焦らずにやっていく。新しい分野の開拓。

チケットベースのサポートシステム

自社製品向けに作りたいと思っているが、いかんせん社員のリソースも足りていない。これ自体作ったから売上があがるものではないので仕様を練るレベルで終わらせておく。

リアルタイムなホワイトボード機能

これはリアルタイムな音声や映像と近いのだが、よくあるホワイトボード共有機能をより使いやすく保存する仕組み。

思っている以上にめんどくさい世界なので、何かしら作れたらと思っている。ただこれ自体は自分にはスキルがないので、アイデアだけ出す人になりそう。当方ボーカル案件。

iPad の Apple Pencil とウェブの Canvas を使って気軽にリモート勤務している相手とホワイトボードで議論をしたいというのが一番やりたいこと。

https://gsuite.google.com/products/jamboard/ 憧れはこれ。

Written by

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store