お客様を選ぶということ

最近、お客様を選べるというのは、会社の良い状況を示す指標の一つだと実感している。

自分の会社はありがたいことに、自社製品の売上だけで社員の給与を払える状況になった。そのため社員の給与を払うために無理する必要がなくなった。

つまり、お客様を選ぶことができるようになった。

選べるというのは自社が上から目線でというわけではない。お客様とはできるだけ Win-Win な状況になれるようにと思っている。ただ、お問い合わせいただくお客様の中で残念ながら自社が苦手とするお客様もいる。

利益のためにと、無理に苦手なお客様と付き合い始めると、会社の雰囲気も悪くなるし、社員も仕事が嫌になってくる。これは会社の継続を考えるとかなり厳しい。そして何より、お互いにとって嬉しいことがない。

お客様を選ぶ権利を得る事は良い会社を存続するために必要なことのように思う。

Written by

Erlang/OTP / 時雨堂 / WebRTC / E2EE

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store